glass_yuki

北海道などに訪れた経験がある人は、住宅の断熱性能に驚いたのではないでしょうか。大抵の家は必ずと言ってよいほど二重サッシであり、部屋ごとに石油ストーブが設置されていることも珍しくなく、屋外には巨大な灯油のタンクがあったりします。
逆にそうした地域から都心部へ移住した人がまず驚くのは室内と室外の温度差の無さです。つまり東京などの古い住宅では、外が寒ければ室内も寒く、外が暑ければ室内も暑いというわけなのです。特に梅雨のある関東では、ある程度夏場の冷房対策は行われていても冬場の防寒対策はお粗末というのも珍しくないのでしょう。

それでも最近では、東京などの住宅でも防寒対策として窓ガラスを交換することが多くなってきています。これは技術の進歩によってより安く、より性能のよい窓ガラスが多く開発されてこととともに、窓ガラスによる防寒対策の有用性が段階的に認知されてきた証拠とも言えるのでしょう。

しかしいざ北国のような二重サッシの窓ガラスを導入しようと考えても、関東都心部の多くの住宅の窓ガラスは一重サッシであり、取り付けには若干の工事が必要となります。さらに見た目も大きく変わりますし、開け閉めの手間は当然二倍になるのです。
スタイリッシュではないかもしれませんが、その分多くのメリットを持っている二重サッシ、内窓リフォームですが、そうでない一枚窓ガラスでも近い防寒効果を得られるものがあります。

近年そのシェアを大きく伸ばしている真空ガラスに代表される複層ガラスは、複数の板ガラスを重ねる構造によって中間層を作り出し、そこを真空にするか特殊な気体を封入することで断熱性能を向上させるというものです。
住宅の暖気の失われる経路の半分は、窓と玄関からであるともいわれます。つまり防寒対策に窓ガラスを替えることは大きな効果が期待できるのです。国によっては省エネ対策として義務付けられるほど、複層ガラスの効果は絶大なのです。
参考:防犯ガラス、防犯フィルムの性能 (発表情報)_国民生活センター