glass_ketsuro

友人が家を建て替えた。それまでは両親が住んでいた築30年の一戸建てに住んでいたのだけど、幹線道路沿いに建つせいかトラックの往来があるたびに家が揺れ、家が軋んであちこちから隙間風が吹いてそれはそれは寒かったそうな。でも子供がある程度大きくなってきたということで家を新しく建て替えたのだけど、その際窓を二重ガラスにしたせいか、今では隙間風もなく、見違えるほど暖かいのだそうだ。

実際に私も何度か寒い冬の間に遊びに行かせてもらったことがあるけれど、確かに以前住んでいた家よりもずっと暖かい。それに建て替える前は結露が酷く、朝起きるとカーテンがビショビショになるほどだったのに、建て替えてからというもの、どんなに寒い朝に暖房を効かせてもあまり結露が出ないことに驚いたそうだ。我が家は15年ほど前に家を建てたのだけど、そのときあまり二重ガラスは主流ではなかった。もし今の時代に建てていたなら、間違いなく窓は二重ガラスにしていただろう。

最近主流の二重ガラスを自宅の窓にも使いたいな、なんて思って調べてみたら、やはりそれなりの値段だった。ただでさえ我が家は水面ギリギリのやっとのところで息ができるくらいの経済状況であるというのに、家の全ての窓を二重ガラスに替えてしまったら、我が家は全員水没してしまう。だけどその友人曰く、二重ガラスにしてからというもの、冬の寒い時期もエアコン一台で済むのでだいぶ経済的なのだそうだ。

前の家ではエアコン+石油ヒーターとか、エアコン+電気カーペットでも寒いくらいで、暖房費もすごかったらしいので、やはり思い切って二重ガラスに替えてしまうほうが、長い目で見れば経済的なのかなとも思う。このまま水面ギリギリの状態で足をバタバタさせて踏ん張るか、一度沈んでしまってそれから浮き上がるか。通帳の残高を眺めながら、心はあちこちに揺れるのだった。